HOME > 採用情報 > 先輩社員の声4

採用情報

先輩社員の声4 
第二営業部(東亞整備) 小型班/亀田勝朗(かつろう)さん(2011年入社)

未知のことに出合うことで、自分に新たなスキルが身に付くチャンスになる。
だから楽しみが多い会社なんです。

第二営業部(東亞整備)
亀田 勝朗(2011年入社)

 小型班の私は普段は車検整備をメインに、一般修理やリース車の点検の仕事をしています。法人さん相手の仕事が多いですね。小型班なので、営業さんが外回りで使われるプロボック スやプリウスといった営業車を、自動車メーカーを問わず扱うことが多いです。私は高校を卒業してから通算で20年弱、自動車整備の仕事に就いています。当社に入ってからは今年で4年目です。

 転職活動をしていてこの会社が気になったのは、あらゆるメーカーの車種を扱えるということと、フォークリフトといった特殊な車両の点検や整備という珍しい仕事があることでした。「面白そうな会社だな」と思いましたね。これまでは普通の自動車の整備をやってる会社でしか働いたことがなかったので、こんな会社は珍しくて、そこで興味が湧きました。
 だから入社してみて、辛かったことも多いですよ(笑)。この会社では一口に「自動車整備」と言っても扱う内容が幅広いんです。だって、フォークリフトなんか触ったこともないですから(笑)。そういう自分が知らないタイプの車を仕事として扱うわけですもんね。でも逆にそれが面白いと思ったんです。自分の知らなかった仕事に出合うということは、新しいスキルを手にするチャンスですから。できなかったことができるようになり、それが自分の仕事になっていく時の達成感はうれしいものです。

 特殊な車両だけではなく、ここの整備工場では大型・小型ともあらゆる自動車メーカーの車も扱えるし、鈑金・塗装や保険も取り扱っているので、車のことなら何でもできることが自慢です。だから自動車整備士としての仕事をするなら、特定のメーカーしか扱わない一般のカーディーラーさんに就職するよりも、楽しみが多いと思います。

PAGE TOP