HOME > 石灰スラリー製造販売 > 石灰スラリーの使用例

石灰スラリー製造販売

石灰スラリーの使用例

一般的な排水処理は、排水に無機凝集剤(ポリ塩化アルミニウム、硫酸ばんど等)を添加した後、pHを調整し(アルカリまたは酸)、無機凝集剤に含まれる金属イオンを水酸化物の懸濁物(以下フロックと記述)として生成させ、同時に排水中に含まれる不純物を取込ませます。
上記一次凝集処理の後、高分子凝集剤を添加撹拌し、フロックを粗大化することでより清澄な処理水を得ることができます。

アルカリ剤として石灰スラリーを使用することにより、大きなフロックを生成しやすく、沈降分離、スラッジの脱水も容易になります。

近年特にフッ素、リンの規制が厳しくなっています。石灰スラリーを使用することで、含有するカルシウム(Ca²⁺)がフッ素、リンと化合し、フッ化カルシウム、リン酸カルシウムとしてフロックに取り込まれ、放流水中のフッ素、リンの規制値をクリアできます。

図:石灰スラリーによる排水処理例

PAGE TOP